1. TOP
  2. 全国でも希少!肌を潤す青湯の宿
  3. 大分県 由布院温泉 庄屋の館

大分県 由布院温泉 庄屋の館

大分県 由布院温泉 庄屋の館 男女別の露天を上から撮影したもの。見事な青湯であることがわかる

それぞれで青湯が楽しめる離れの宿。築120年の庄屋屋敷の贅に目を見張る

名前どおり、母屋は元庄屋の屋敷を利用。
由布岳を望む山の中腹約5000坪の敷地には、自家源泉のシンボルのように噴気が勢いよくあがり、庄屋屋敷の母屋や温泉付の離れ客室、それに青湯の温泉が点在する。

明治時代の安心院の庄屋屋敷を移築した母屋は築年数120年を数える。
龍が守る屋根瓦、屋久杉を使った天井、取っ手に房がついたふすまに、欄間には宇佐神宮や特別に許されたと思われる菊の花が掘り出され…といった、いたるところにちりばめられた歴史的な和風装飾を見つけるのも面白い。
この母屋は食事処やラウンジとして宿泊者の憩いの場となっている。贅を尽くした空間でいただく料理では、地鶏のだしが滋味深い地鶏鍋が名物。

お湯の特徴

湯の色は入れ替えた直後は透明で、コバルトブルーから白に近いミルキーブルーまでそのときの気象条件などで神秘的に変化する。
湯ざわりもそのぬめりに驚くお客さんも多いとか。
成分的にはメタケイ酸594mgと大量に含み、ナトリウム塩化物(食塩)74%と保湿と保温に優れた湯である。

pH8.8(アルカリ泉)
泉質ナトリウム塩化物泉
メタケイ酸の量594g
総成分量2056mg/kg
立ち寄り湯情報
立ち寄り湯9:30~16:00(不定休) 800円
宿泊者の入浴時間貸切湯・客室の温泉は24時間利用可
大浴場は~24:00、5:00~
おすすめ入浴方法など

青湯は由布岳を望む男女別の大露天、2ヶ所の貸切露天、それに24時間利用できる各客室の温泉で存分に堪能できる。
由布岳を眺めながらゆったり入浴するのがおすすめ。
「青い濁りで湯の底が見えないことも多いので、湯の中の移動は慎重にゆっくりお願いします」

また宿の入り口には飲泉もある。ほのかに硫黄の香りがする湯は、熱いのでよく冷ましていただく。メタケイ酸は胃粘膜の修復にもよいといわれている。
また、大浴場への入り口にはテーブル付の足湯もあるので、カップルや夫婦でも、連れ合いを待つ間も湯冷めしなくてすむ。

おすすめ情報

ティーバック状の袋に入ったもみだすタイプの「庄屋の温泉源」も販売している。5袋入りで864円。
「色は青くありませんが、当館の源泉成分そのままをご家庭で楽しめますよ」

フォトギャラリー

  • 女性用の大浴場より由布岳を望む
  • 入り口にある飲泉。とても熱いのでよく冷まして
  • 客室例。キッチン付の部屋もある。おしのびで来る芸能人も
  • 夕食の例。豊後水道の魚など旬を活かした本格的な味

●おすすめプラン


「湯布院 温泉のある別宅で過ごす スタンダードプラン」

青湯付きの離れ満喫のスタンダードプランです

内風呂付2階建て(1名あたり)16,200円~ ※4名1室の場合

宿のデータ

庄屋の館
庄屋の館
住所大分県由布市湯布院町川上444-3
電話番号0977-85-3105
URLhttp://www.yufuin-shoya.com/

宿一覧に戻る