カテゴリー別アーカイブ: 青森~金沢旅日記

青森~金沢日本海縦断の旅日記1【出発】

2月の終わりに青森から日本海側をずっと電車でくだってくる旅をしました。
九州の情報ではありませんが、簡単にかつ断続的にレポしておきます。

2月24日 博多駅交通センター17:55発 
福岡ー横浜間 高速バス「Lions Express」にて出発。

福岡ー青森間は意外に遠く、かつ高い。
飛行機の直行路線はないので、東京か伊丹で飛行機を乗り継ぐか
仙台まで飛行機で飛び、その後は電車あるいはバスを乗り継ぐほかない。

できるだけ安く、かつ貴重な休みの時間を無駄に使わないで青森に到達するために
私は福岡ー横浜間を夜行バスで移動し、翌日羽田から青森へ飛行機を使う手を考え出した。
これなら仕事を早めに終わらせてすぐにバスに乗れば、青森に午前中に着ける上に、費用は高速バス8300円+リムジンバス580円+飛行機13090(特割)で21970円。
夜の時間を移動に使えて合理的だ。
もっと安くするには夜行バス+昼行高速バスの乗り継ぎ、という荒業があるが、こちらは時間がかかりすぎるので却下した。
バス

「横浜への夜行バス」と聞いてそんな長時間座ってるなんて信じられない、と何人もの人に言われたが
別に座ってないから(笑
平日のこの時期の夜行バスはガラガラで、座席で「横になれた」。
深夜になったら人の移動もないので、通路に足を投げ出すようにして寝れたわけである。
おまけにその前の週に大風邪引いて仕事がたまっており、旅行に出かけるために前日前々日とほぼ徹夜したのでかなりの時間、爆睡していた。
下松SAでの休憩後から朝5時くらいまでは、だいたい横になっとったね。
なんで5時かというと、その時間ごろに窓の外に富士が見えるかも、と思ったのだ。
夏なら見えるのだろうが、この時期はまだ日の出前で真っ暗だった。残念。

なお富士の位置や予想到達時間は、持参のタブレットで確認した。
これなら窓の外が暗くても「今富士山の最寄にいる」ことがわかる。
Googleマップの現在位置を見て、今、地図上のどこまで進んだかを確認するのがこれまた長距離バスの楽しさともいえよう。
なお「Lions Express」の中には座席ごとにコンセントがあるのも便利だ。

夜行バスで気をつけたいのは気温。
密閉空間なので、長時間の気温のミスマッチのほうが、ものすごいストレスになるのは経験上のことである。
特に冬場は暖房で暑い。私のような暑がりは前のほうの座席でかつ窓際がよい。
念のためにTシャツと短パンに着替えられる準備をしておくと安心だ。
寒がりの人は後ろのほうが暖房の効きがいいらしい。毛布とかは座席に置いてある。

幸い今回は暑さに苦しめられることもなく翌2/25 7:15には横浜YCAT着。
リムジンバスでほどなく羽田につく。羽田のスタバで少し仕事して10:15に青森へ出発。

飛行機の中でもだいたい寝ていたが、気がつくと窓の下に雪山が輝いていた。
飛行機

徹夜明けの爆睡でボーっとした頭が一気に目覚め、同時に解放感と体からはみでそうなワクワクが同時にやってきてなんともいえない感慨に襲われる。
久しぶりに、遠くに来たんだなあ、と。

福岡〜横浜・池袋(大宮)線 「Lions Express」 夜行(西鉄くらしネット)
http://www.nishitetsu.jp/bus/highwaybus/rosen2/lions_exp.html

九州カラフルNAVIはこちら