月別アーカイブ: 2013年6月

くまもん名刺まである~!

少し前になりますが、スタッフが交換したのがこれ。
くまもん名刺です。

ウラにきちんと社名や名前も書いてあるれっきとしたビジネス名刺!

0626名刺

いいなあ~
私ももらいたい~♪

なお、写真の名刺入れは
5年前に奄美で買った大島紬の名刺入れ。

お洒落でとても気に入っているのですが
風水によると仕事運UPには
名刺入れは1年で買い換えないといかんらしいので
7月から変えます。。

名刺本体もちょうど作り変え、新しい名刺にはちゃんと
「九州カラフルNAVI編集長」文字が入ります♪

九州カラフルNAVIはこちら

九州・山口の温泉で美肌&健康になる(1)温泉は効くのか

突然ですが、本日から
「九州・山口の温泉で美肌&健康になる」コラム
の不定期連載を始めようと思います。

不定期の頻度は最低で週1くらいでしょうか^^;

実は私は
大分県知事認定温泉マイスター
温泉地域学会認定温泉観光士
の温泉資格を持ってるんです。
(まあ、趣味資格みたいなものですが)

アトピーもちなこともあり
温泉のお肌への影響については人一倍興味があり、
もしも宝くじがあたったら、その研究のために
医学部に入りなおして勉強したいとか思うほど(笑)

私の場合は、お肌のもとの状態が悪すぎるので
頑張って温泉を駆使しても、やっと普通という感じなんですが
普通の状態の人が温泉を上手に利用すればきっと美肌になれます♪

ということで、温泉と美肌と健康について
自分の体験談を交えて書いてゆきますね。

まず、第1回のテーマは
「温泉は美肌や健康に効くのか」

はい。私自身も効いたと思いますし、効くとされています。
歴史上も効くという前提での風習がいろいろありました。

温泉の効果としては一般的には下記が言われています

1、温熱効果

2、水圧効果

3、浮力効果

4、転地効果

5、薬理効果

1~4はどこの温泉でも、どんな管理の温泉でも
それなりに効果があると思って大丈夫でしょう。
年2~3回、1泊2日くらいの旅ならば
1~4で得られる効果がその大半でもあるでしょう。

私が思う
「わざわざ温泉地に泊まって得られる美肌効果」は
上記に加えて

・安全で美味しいものを大量に食べる便通効果。特に野菜。
・よい空気を吸う効果。マイナスイオンやフィトンチッドなど
・よく歩く効果。木造建築の階段の宿などは特に。
・何度も温泉に入るゆえに、メイクなどで角質表面に刺激を与える時間が短く、
 かつ角質が湿潤される時間が長い

こんな感じのものも含まれると思います。
(上3つは転地効果に含まれそうですねw 
 最後の湿潤効果って美肌効果絶大だと思います)

しかし、私にもよく聞かれる
「乾燥肌に効くのはどの温泉?」「汗疹に効くのはどこの温泉?」
的なものは5の薬理効果によります。

つまり、温泉に含まれる成分が、お肌や体にどんな風に作用するかということ。
入浴した場合は毛穴から浸透する成分。
ほかに飲泉や湯の表面から蒸発した成分や噴気の吸引をして体内に取り入れる方法もあります。

0625美肌温泉コラム表

成分といえば写真(これはベイテラス指宿さんのです)のような
泉質分析表が思い浮かぶと思います。

これこそお湯の個性をあらわすもので、
この成分をもとに、効能が語られるわけですが、
私たちが温泉から得られる医学的な効果は
最近ではここに記されたイオンや物質だけではないといわれています。

今私が注目しているホットな温泉の効果が「酸化還元力」です。
老化の原因が「酸化」だったり、
アトピーもそもそも生まれつき体が持っている「抗酸化力」が弱い人に発症するんだ、とか
ゆえに、抗酸化サプリや食品、それにまつわる情報が花盛りですね^^

つまり、酸化を食い止めれば
いつまでも若く健康でいられると!

私も抗酸化力に優れるフィトケミカルを摂取するために
【野菜やりんごの皮をむいて食べるのをやめた!】
ほどです^^

実は
湧きたてホヤホヤの
源泉かけ流し温泉はこの酸化還元力がスゴイらしいのです。

0625美肌温泉コラム
写真は酸化還元力が高いことが期待できる(おそらく)
大分県長湯温泉・大丸旅館の内湯です。

この酸化還元力についてはまた次回以降に述べますね。

「温泉で美肌&健康になる」メニューへ

九州カラフルNAVIはこちら

健康診断+温泉でのんびりプラン…九州にはまだありません。

今日は健康診断でした。
朝食ガッツリ派の私にとって不食不飲は拷問でした。
へろへろで診療所にいきました。

しかし、
「飲んだら気分悪くなるから」
とゴネて、バリウムをパスすることに成功!
健啖家なので、胃は大丈夫だろう、と。

嫌なバリウムが回避できて
気分も明るくお仕事に戻りましたです。

まあ、体重の増量も最低限で済み、
視力もバリバリで
とりあえず健康みたいです^^

健康診断も温泉とかでのんびりできるといいのにな~…
と思って調べたら、九州外ではありました。
地元病院での総合健康診断+終わった後は温泉と美味しいものでのんびり。
というようなプラン。

残念ながら九州ではないみたいですね。
近くに総合病院があるお宿さんはぜひ!

九州カラフルNAVIはこちら

やっと復旧~

昨年の集中豪雨のために運休していたJR九州の
豊肥本線の宮地駅~豊後竹田駅間の運転再開が発表されてました。
8月4日の始発からだそうです。

http://www.jrkyushu.co.jp/130619_houhi_reopen_plan.pdf

待ち遠しいですね~

夏の旅に……次の旬特集はビーチが目の前のお宿

○年以上社会人やってますが、
夏が来ると「夏休みなのに働いてる感」にもやもやする私。

みなさんはいかがですか?

さて来週めどに公開の次の旬特集は
「ビーチ目の前!のお宿」です。

泳ぐ人も泳がない人も、砂浜が目の前にあるとウキウキしますよね。
私は海の幸にもウキウキしますが^^

日南南郷

写真は
日南海岸南郷プリンスホテルのプライベートビーチ。

ボートで5分、無人島の砂浜に上陸するという素敵なシチュエーション。。
九州にもまだまだリゾート感が満喫できる場所がいっぱいです!

九州カラフルNAVIはこちら

ダイエットに活躍♪鹿児島土産のきびなご

鹿児島出張にあちこちで見かけたのがこれ。

0620きびなご

「焼ききびなご」

ずっと気になっていたのですが
最後にあわてて桜島SAで買いました。

食べてみると…

いりこです(笑)
みずみずしいきびなごのおもかげはありません。

100gで334kcalですが
この一瓶の内容量が45g、
つまり全部イッキ食いしても150kcalそこそこです。

歯ごたえがあって
仕事中のオヤツにはよさそう。
カルシウムやたんぱく質だし。

特に来週に健康診断を控えた身としては、大変ありがたい~

九州カラフルNAVIはこちら

これぞ絶景!雄大な水平線を一望の露天とユニーク温泉卓のお食事・吟松

今回取材させていただいた指宿のお宿、最後に紹介するのが
こちら吟松さんです。

0619女湯

0619男湯

天空露天風呂からの絶景はごらんのとおりブラボー!
……私がいったときは天気がいまいちだったのですが、それでもこれ。
水平線と湯船の一体感がスゴイ!

0619露天

大浴場のほうもこんなに絶景です。
06192階の露天

絶景も素敵なのですが食いしん坊の私は、
吟松オリジナルの温泉卓が前から憧れでした♪

0619温泉卓

個室食事処のテーブルの真ん中に、囲炉裏状スペースがあり、

0619温泉卓のようす

そこに砂蒸しのように温泉が引き込まれているのです。
その食卓の砂むしで温泉卵をつくったり、
湯豆腐を温めたり、と
お食事をいい具合に温めるのに利用しているのです。

こういう温泉と食のコラボは大好きです♪
今回は、急ぎのお仕事だったので味わえませんでした~残念 TT

また、吟松名物が、目の前で揚げてくれるさつまあげ。
これは本当に美味しいらしい。

0619さつまあげ

紹介してくれたスタッフさんも、
「2個つくのですが、正直、2個じゃ足りないですね~。それくらい美味しいです」
とおっしゃっていましたが、
その美味しさを思い浮かべている表情に大変リアリティがありました!
う~食べたかったよ~><

0619白薩摩

これはエレベーターから見える
白薩摩焼のタイル800枚を使った壁画の1枚。
圧巻です。

なお、こちらは家族連れ、
ことさら小さなお子さん連れに配慮したサービスが
事細かに考えられた宿です。

その一例ですが、女湯は畳敷き。
0619畳敷き

これは、赤ちゃんと一緒に入ったときに、
自分の体を洗っている間、
赤ちゃんを寝かせたり座らせたりすることを考えて、だそうです。

脱衣所にベビーベッドは、他のお宿でも見かけますが、
でもそこに寝かせっぱなしで、自分だけ温泉……って
たしかにありえないですもんね。

またキッズコーナー。
ラウンジから見えるガラス張りになっています。

0619キッズ

キッズコーナーが隣接するラウンジ。
好きなように寛げる憩いのスペースになってます。

0619ラウンジ

0619タグ

これは子供とは関係ないですが、
温泉でスリッパを間違えないようにするタグ。

こういうこまやかな心遣いが垣間見れて
ますます訪れたい宿となりました♪

親戚も誘って家族でわいわい訪れたいですね~★

吟松
http://ginsyou.co.jp/

九州カラフルNAVIはこちら

どっしりとした安定感と温かいおもてなしに仕事なのに和み~♪いぶすき秀水園

『プロが選ぶ日本の旅館100選』で毎年料理部門の1位に選ばれることで
以前から一度泊まってみたかったいぶすき秀水園。

最初にお仕事で訪れるなんて、ちょっともったいない……。
なんて思っていたのですが、やっぱり素敵なお宿で
絶対に泊まりにいきたい!と思いました。

(なんか、ここのとこ毎回言ってますが、
 今回の指宿取材は、どこもそれぞれに本当に素敵だったのです)

なかでも秀水園は
仕事で訪れたにもかかわらず、
その接遇は完璧な「おもてなし」。

取材なのに
すっかり和んでしまいました。

0615秀水園庭園

こちらは日本庭園。
到着するとこちらを眺めながら
ひといきいれるようです。

和みすぎて撮影忘れましたが
おもてなしのアイスコーヒーの器がかわいかった!
レトロなパフェグラスみたいで
日本庭園を眺めながらひといきつくのにぴったりでした。

これも撮影しそびれてしまいましたが
サービスしてくれる和服の女性の、
和服が絽か紗か、夏らしく透ける素材で
それがいかにも目に涼しげ。
立ち居振る舞いもゆったりとしていて優雅です。

0615秀水園レトロ看板

こちらはラウンジから撮影した売店。
レトロな「たばこ」の看板に
昭和生まれの私、ノスタルジィがいやがおうでも高まります。

DSC00505

天井にはこんな感じのランプが。
こういう雰囲気好きです♪

さて、ところ変わって温泉。
温泉はもちろん源泉かけ流しです。
男女別の浴場には露天もあります。

0615秀水園漢方

脱衣所に用意されている薬草茶。
センナ・センブリ・げんのしょうこ
中には、あとから苦さが来るものがありますが
体によさそう!

0615秀水園ところてん

ところてん。
自由に食べられます。
湯上がりのところてんって涼しくていいですよね。
(ここでところてんを目にしたせいか、
 それから数日ところてんにハマッてましたw)

0615秀水園貸切湯

こちらは貸切『湯浴み処』。
リビングと坪庭がついた癒しの空間です。
こちらは檜。

DSC00518

こちらは「碧(あお)」
青いタイルからの名前です。

0615秀水園貸切湯2

和洋、とHPにはありますが
どちらもおしゃれなリゾート風の空間になっています。
50分3000円ですが、貸切利用が込みになっているプランもあり♪

入りたかったのが砂足湯。
0618秀水園足砂湯

日帰り利用もOKで1ドリンク付き500円。
宿泊・お食事のお客様は無料です!

DSC00523

こちらは客室。

DSC005241

古きよき時代の贅を感じさせる重厚な雰囲気です。

現代ではもはや作るのが難しい障子の細工。
0615秀水園細工

インテリアもおもてなしも
どっしりとした揺ぎ無い落ち着きを感じられる素敵なお宿でした。
今度はぜひ泊まりで来て、29年連続日本一の味とともにゆっくりしたいなあ。。。

また、恩ある方に宿泊をプレゼントするのにも
信頼できるお宿だと思いました。

いぶすき秀水園
http://www.syusuien.co.jp/

九州カラフルNAVIはこちら

温泉三昧でダイエット合宿したい~!指宿ベイテラス

指宿を見渡す高台にある指宿ベイテラスHOTEL&SPA

こちらにも見学で伺ったのですが、
面白いホテルでした!

0617サイトTOP

健康診断を控えている今、1週間くらいこもりたい……。

つまり、痩せそう!健康によさそう!
そんなホテルなんです。

訪れた日はどんよりした天気だったのですが
晴れるとこんな感じです。
指宿を見渡せます。
夜はもちろん夜景になります。

山の上にあるので指宿の温泉街と気候が違うそうで、
本当に天気が悪いと雲の中にいるような感じなんだとか。
それもちょっと面白いかも。

温泉は自家源泉を3つもっており、
山の上にあるので、海辺にある指宿の温泉街の湯とは
塩分濃度が低いなど泉質が違うそうです

0617貸切露天

こちらは屋久島(いったことないけど)を思わせる
森の中にたたずむ5棟の貸切露天。

0617貸切への通路

温泉までがすでにフィトンチッドいっぱいの森林浴気分で癒されそうです。

男女別の大浴場。
0617展望

これが面白い。セラミック・スパ。
0617セラミック

「セラミック・スパ」とはパウダー化した鉱石を1200℃で直径約3.5mmのセラミックボール状にしたビーズを敷き詰めた浴槽を温泉熱(約50℃)にて温め、
その中に身体をうずめて入浴します。
身体の芯まで加熱刺激を与えると血液の循環が良くなり、
大量の汗をかき、その汗と一緒に体内に溜まっている老廃物が排出されます。
※セラミック・スパは毎回使用後に、自動的に煮沸洗浄を行いますので、衛生的にも常に安心して入浴することが出来ます。

(HPより抜粋)

岩盤浴もあります。

0617カプセル

この不思議なカプセルは
NASAの技術が生んだハイテクリラクゼーションマシンです。
音・香・光・バイブレーションが視覚、聴覚、嗅覚、触覚に複合的に働きかけ、ストレスを和らげるのだそう。

不思議といえば、これ。

0617なぞの施設へ

吹き抜けの中にある池を渡っていくこの施設。
中は光の滝のようになっており、
横になれるように枕と毛布が用意されています。

0617なぞの施設1

0617なぞの施設2

横になると上は鏡!さらにBGMにお経が流れるという……摩訶不思議なリラクゼーション施設です。
(近日、場所が移動するかもとのこと)

こちらは自由に寛げるカフェ的なスペース。

0617カフェスペース

なにしろ広いので
温泉のはしごをするだけで相当歩数がのびそうなのですが、

0617ジム

滞在中はジム無料です。
さらに、併設の体育館やプールも無料だというから驚き!

0617減農薬野菜

お土産売り場。
新鮮な自家菜園からの減農薬野菜や鹿児島土産とならび
珍しいブータングッズが。

0617ブータングッズ

なかなか手に入らないブータン雑貨がならびます。

きけばこちらのオーナーがブータン国王と友達(!)だということで
友好のしるしにブータンコーナーもあります。

0617ブータン写真

0617ブータンコーナー

ホテルの外に続く散策道は歩いていくと指宿駅までつながっているらしいです。
(もちろん距離はありますが……)
敷地内だけでトライアスロンも企画できるというこのホテル、
自然に囲まれたこの環境におこもりし、
ランニングやジムでひたすら汗を流し&温泉+スパ。
これを1週間も続けたら、さぞかし引き締まった体になるだろうなあ……。

と書きながら、チョコを食っている私でした(笑)

指宿ベイテラス HOTEL&SPA
http://www.ibusuki-bay-terrace.com/

九州カラフルNAVIはこちら

たぶん九州でここだけ!源泉プライベートプール付離れ『悠離庵』

先日の鹿児島出張では指宿に行けました。
指宿……砂蒸し大好きなのですが、なかなか行くチャンスがないんですよね。
したがって、未踏峰ならぬ、チェックしているのに未泊宿も多いエリアであります。

今回は、個人的に泊まりたい宿を見学することができましたので
その一部を公開しますね!

見学したらますます泊まりたくなってしまいました(泣)
素敵な宿ばっかりなんですよ~
誰か私に10万くらいプレゼントしてくれないかしら。

今日紹介するのは「悠離庵」さん。
なんと、ここは源泉の専用温泉プール付離れの宿なのです。
もちろん露天風呂もついてます。

0614プール離れ

プライベート温泉プール付離れの宿は、今のところ九州ではここだけではないでしょうか。

これがプライベート温泉プール!

0614プール

泉質のおかげかエメラルドがかっています。
水温は温泉より低めに設定してあり、
長さ10m以上、深さも1mあり、本当に泳げます。

でも、飛び込みは禁止と書いてありますねw
(飛び込み台ありません)
0614プール注意書き

プールサイドの軒下にはリゾート気分なソファも。

0614プールサイド
ここでシャンパンとか飲みたい~
残念ながら冷蔵庫にシャンパンの用意はありませんが
飲み物フリーのプランなんかもあるそうですよ。

このお部屋からは遥かに海も見渡せます。
CDやDVDデッキ(再生専用)も用意してあるので
撮りだめた録画を持ち込むのもいいかも。
(無料貸し出しのコンテンツもあるそうです)

温泉プール付の離れは「薩摩ヴィラ」。
こちらは開放的で明るい雰囲気のお部屋です。

ほかに和風の離れもあります。
0614和風離れ
ヒカゲヘゴが出迎える熱帯リゾートっぽいお部屋の入り口。
和風の離れは、少し暗めですが
それが逆に落ち着く感じです。

離れは木々の中に点在しており、カート移動です。
マイナスイオンいっぱいの徒歩移動も
出張時くらいの気候(5月末。20度台前半)だと気持ちよかったですよ♪

順番が逆になりましたが、エントランス。
0614エントランス

到着するとまず、池が出迎えてくれます。

なんかバリ島かどこかのリゾートみたいです。
この池は食事処からも眺められるようになっています。

0614テラス
この池の中のテラス席は
希望すればそこで朝ごはんもいただけるんですって。
(知ってたら絶対希望しますね)。

0614灯篭

これは池に浮かぶ灯篭。
電気ではなく本物の火を使うのがこだわり。
火と水のゆらぎを見て楽しむためだそう。
素敵だなあ。。。

悠離庵
http://www.yurian.jp/

九州カラフルNAVIはこちら