月別アーカイブ: 2015年1月

宮崎県にもいい湯あり!穴場の一軒宿の露天付離れ・高屋温泉

年が明けてすぐに、宮崎県にいってきたのですが
西都市にある前から気になっていた温泉宿「高屋温泉」に泊まることができました。

仕事での宮崎入りだったので
せっかく素敵な離れのお部屋を用意していただいたのですが、
ゆっくりできなかったのが残念!
(通常は11時チェックアウトだそうです~あ~のんびりしたかった)
でも、温泉には部屋のと男女別と計3回入りました♪

到着は18時過ぎ。こんなに真っ暗でした。
0130夜の外観

でも、夕食は「温泉に入ってからでいいですよ~」と優しいお言葉。
ありがたいです。
泊まった離れ(露天付)。
0130離れの外観

この離れがとても素敵です。
0130離れ全景

古い建物とのことですが、なるほどとても凝っています。
これは障子。
0130障子

棚には床の間が見える窓が。
ね、素敵でしょう!
0130棚

床の間。
0130床の間

たたみも編み方が凝っています。
岡山の職人さんによるものだそうです。
0130畳

洗面所も雰囲気あります。
0130洗面所

トイレも丸い小石が敷き詰められていて、
和の風情が素敵でした(でも掃除大変だろうなあ)

緑に囲まれた露天風呂。
0130夜の露天
温度が調節できるようになっています。
小上がりのようになったところに気持ちよさそうな椅子があります。
冬でなければここで、寛げそう!

浴衣。
0130浴衣

泉質。
泉質1200
蒸発残留物が5000mg以上もある含ヨウ素ー食塩泉(鉱泉)で、
昔から胃腸のために飲泉しに来る人が多かったそうです。
浴用には加水しているので、なめてもそんなにしょっぱくないです。

温泉であたたまったら夕食です。部屋出しです♪
手作りの大きな梅が入った梅酒でスタート。
0130手作り梅酒

きんかんや地元「西都エモー牛」のロースとビーフなど
地元の食材が並びます。
0130夕食_前菜

妻地鶏のたたき。
0130夕食_地鶏たたき

これが美味しかった!鯉のあらい。
特に皮!プリップリです。魚の皮好きにはたまりません。
0130夕食_鯉の洗い

かぼちゃ饅頭
0130夕食_かぼちゃ

鮎の塩焼き。
0130夕食_鮎

鮎の天ぷら。
0130夕食_天ぷら

鴨鍋!
0130夕食_鴨

鯉の丸揚げ、甘酢あんかけ
0130夕食_甘酢

最後は鯉こくと古代米。
0130夕食_鯉こく

川魚と鯉料理が美味しいヘルシーな夕食をお部屋でゆったり堪能しました。

0130夕食_焼酎

次回も高屋温泉の続きを掲載しますね。
なお、露天付離れはこんなに贅沢なのに
14000(税別)円~とびっくりする料金です。

高屋温泉HP
http://www.takayaonsen.jp/

九州カラフルNAVIはこちら

「鬼の洗濯岩」ビューは日本でもここだけでは!?宮崎県・青島サンクマール

宮崎の2月といえば、野球ファンにはたまらないキャンプのシーズン!
野球ファンが押し寄せるので、ホテルもとれなかったりするそうです。
天気もいいし、あったかいですもんねえ。。。
十数年前に、宮崎特集を編集したときは、気象データで福岡より4℃くらい冬の平均気温が高かったんですよ。
年が明けてすぐに、宮崎にいったのですが、なるほど気温15℃、晴れててポカポカ、車の中は暑いくらいでした!

そんなあったか宮崎、まもなく東九州自動車道が大分道と全通します!
つまり、福岡からだと大分経由でぐっと近くなるわけですね。
今日は、宮崎の中でも「日本でココだけ!」の絶景を望む温泉宿を紹介します。
いや、温泉宿というよりは温泉リゾートといったほうがいいかな。

青島温泉の南、岬の突端にたたずむ「青島サンクマール」です。

外観

アクセス途中から、この特別な景観がわかりますね。
このあたりは「鬼の洗濯岩」といって、海の中に岩盤のシマシマが望むという
九州の中でも奇景の絶景が望める場所なんです。

玄関

南仏風の明るい屋根瓦に覆われたリゾートホテル風。
建物は岬の形に添って半円形なので、客室によって景色が違います。

玄関のタイル
リニューアルのときに、スタッフが一枚一枚はめたという玄関のタイル。
味があります。

玄関のハンモック
実はこれ、ハンモック。
2名でも余裕のサイズ。
客室に置いたら立派なベッド代わりになりそうですね。

温泉は日帰り利用も可能です。
その温泉がいいんです。

大浴場から鬼の選択岩

大浴場の窓からは、鬼の洗濯岩が!
お湯もかなりヌルヌルです。PH8.4のナトリウム-炭酸水素・塩化物泉で、
お肌ツルツルになります。
塩分も強いので、保温性がありぽかぽかになりますよ。

脱衣所は広々していて清潔感があり、湯上がり処もあります。
平日だけど、お客さんが結構くつろいでいました♪

貸切露天
有料になりますが、貸切露天からはさらにスゴイ眺めです。

露天付の客室があるというので見学させていただきました。
特別室の廊下
廊下からして雰囲気が素敵です。

見せていただいたのはメゾネットの和洋室タイプ。
和洋室

吹き抜けになっていて、開放感があります!
吹き抜け
子供も喜びそう!

テラスは鬼の洗濯岩の海に面しています。
ここで朝ごはん食べたいなあ~湯上がりのビールでもいいな。
特別室のテラス

テラスの横に、木の壁で覆われた露天があります。
写真とったのですが、上手にとれなかったので
HPからお借りしました。

露天付客室の露天

湯船にちょうど浸かったところに小窓がある!この小窓がなんとも遊び心があるんですよね♪
開け閉めできる景色も面白い!
海風が激しいときは閉められるという利点もあり。
なお、露天はテラスから完全にさえぎられているので、年頃の娘さんでもお父さんにのぞかれず安心。

でも、露天は、体洗うのがちょっと寒いかな~と思っていたら、こんなものが室内に!
シャワー
なんと、5箇所から同時に湯が噴出すシャワー!
めっちゃくちゃ気持ちがいいらしいです。
これ使ってみたい。。。

和室から鬼の洗濯岩
こちらは和室から。
すごい「鬼の洗濯岩ビュー」ですね!日本でもココだけじゃないかしら。

お食事は、やはり鬼の洗濯岩ビュー!
今の時期は夜は暗くて見えないけれど、夏は夕暮れでちょうどいいそうですよ。
食事どころ
食事処は仕切られたスペースになっています。
(満館だったりすると、仕切りのないレストランになる場合も)
ここで、目の前の日向灘などから採れ採れの海の幸や宮崎牛などをいただきます。

2人連れなどだと景色が見えない席の場合もあるらしいので、
ぜひに、という場合は、電話などでお願いしてみるといいかもしれないですね。

日本でココだけの絶景が開けたお部屋や温泉なのに、
宿泊は1泊2食付で1万ぽっきりからとか。。。安いです。
この冬だと、フグづくしや、宮崎牛のすきやきを県の助成金で安く味わえるプランもいいですね♪
……もちろんキャンプシーズンは埋まっているそうです。

青島サンクマール
http://www.cinqmale.co.jp/

九州カラフルNAVIはこちら

囲炉裏であつあつご飯の温泉宿特集、公開しました♪

遅ればせながらあけましておめでとうございます!

今年はことさら寒いですね~!
そんな寒いときこそ囲炉裏でアツアツのお食事ができる温泉宿であったまりたいですね!
今年も囲炉裏特集を公開します。

image
囲炉裏であつあつご飯の温泉宿特集

露天付客室に泊まって囲炉裏でお食事とか
水路の中を囲炉裏で焼く食材が流れてきたりとか、
純金入り(?)の温泉だったりとか

囲炉裏でのお食事が楽しめるお宿を厳選しました!
ちなみにすべて「源泉かけ流し」のお宿ばかりだから
お湯も楽しめるのが嬉しいところ。

寒い冬ならではのあったか旅を楽しんでくださいね♪

九州カラフルNAVIはこちら