月別アーカイブ: 2015年2月

じゃらん3月号日帰り温泉特集のこぼれ情報(4)珍しい温泉

じゃらんアンケートよりこぼれ情報を紹介するコーナーも4回目。
今回は珍しい湯です。

■1
長湯温泉 ラムネ温泉館(大分県)
http://www.lamune-onsen.co.jp/
○アンケート回答内容
大好きな泡付き湯。ぬるいので寒いときは最初すこしつらいが使っているうちにじわわ~んと温まってくる。内湯は加温の炭酸水素塩泉なのでこちらでよく温まってから入るとよい。

0217泡

0217ラムネ
泉温は32度、冬はやはり寒い。内湯でよく温まってからいけば大丈夫。
湯口に入るとよけいに泡が付いて楽しい。この泡が皮膚の表面から取り込まれて、血流をよくするので、血の巡りが悪い人にはぜひおすすめですよ♪

こちらに動画をリンクしています。Facebook

■2
九重町 寒の地獄温泉(大分県)
http://www.kannojigoku.jp/
○アンケート回答内容
夏場限定だが14度の冷泉浴+ドラム缶ストーブでの炙りこみ、という独特の入浴方法が楽しめる。
0217寒の地獄 冷泉_06
色からして冷たそうでしょう!

冬場は男女別の浴場に、加温した湯船と冷泉の湯船が用意してあり、交互に入るのがやみつきになる。PH4の硫黄泉で冷泉は独特の刺激がある。
0217寒の地獄

現在九州カラフルNAVIの囲炉裏特集でも紹介しています。
私は夏の水着着用の冷泉は1分くらいが限界ですが、大浴場のお湯の隣にある冷泉は大好きで、かわるがわる入ります。

■3
弓ヶ浜温泉 湯楽亭(熊本県)
http://yurakutei.jp/
○アンケート回答内容
カフェオレみたいな褐色に濁る赤湯と透明な白湯が楽しめる。赤湯のほうは、洞窟風呂になっていて結構深い。加えて泉質が濃いので朝には新しく結晶が積もっていて砂のようなサラサラの底になっていて不思議な感触

0217湯楽亭

洞窟は湯が濁っているので中がどうなっているのかわからなく、なかなかスリリング。
温泉の外の、排水が出るところに招き猫などを置くと、温泉の成分でクリーム色にコーティングされる!
0217招き猫
クッキーみたいでしょ。

0217招き猫b
なんだか修行してるみたいw2週間くらいで、クッキー状になるというから驚きの成分の濃さです。
(数年前の話ですが)このコーティングが人気で、遠くから「お願いします」と招き猫を送ってくる方もいるそうです。今もやってるのかな。

■4
古湯温泉 鶴霊泉(佐賀県)
http://kakureisen.com/
○アンケート回答内容
湯船の下の砂の下の岩盤から沸いてくる湯は弱放射能泉。ぬるめなので長湯したい。

放射能泉なので、湯気も吸い込むと効果があるらしいです。
ここのお湯を練りこんだオリジナルの石けんも売ってます。
福岡市から近いので気軽にいけるのも魅力ですよね。

■5
塚原温泉 火口乃泉(大分県)
http://www.tukaharaonsen.jp/
○アンケート回答内容
「歯が解ける」という噂の九州一酸っぱい酸性泉。PH1.4。
口に含むと口の中がしわしわになったような感じがするほど。
爪にキーンとしみる。じゅくじゅくした関節のかゆみがおさまるらしい。

すごく強い湯だが、ここに1ヶ月くらい入り続けていると強くてきれいな肌になったという話を聞いたことがあります。最初1~2週間は本当にぼろぼろになるらしいけれど、後から育つ肌は泉質の刺激のせいか、丈夫になるんですと。
やってみたいけれど、1ヶ月通うのは福岡からは難しい。。。。

次回は「おすすめの貸切湯」と「次クル温泉で最初に出していてボツになったネタ」です!

九州カラフルNAVIはこちら

宮崎・青島を上から一望の絶景露天風呂!青島グランドホテル

じゃらんのこぼれネタは、いったん一休み、
今日は先月の宮崎出張で出会った絶景露天を紹介します。

0210青開放感
みてください!この開放感!
木枠はありますが、天井はありません!
つまり屋上が文字通り「露天」なのです。

ちなみに男湯を見学させていただいております(笑)

0210青眺め
青島を上から眺められます。

こんなに海の近くだから食塩泉と思ったら……
0210青成分表
重曹泉のほうが性格が強いようです。
PH8.79・アルカリ性で柔らかい湯、つまり滑りやすいのですが

0210青奥から
床は畳敷きなので滑りにくいように工夫されています。

女湯の脱衣所。
こぢんまりしていますが、籐のいすなどが用意されているので
人が少なかったらゆったりできます。
0210青脱衣所

こちらは女湯。海に向かって横に広いです。
0210青女湯

海に向かって、湯船の中にベンチがあるような感じです。
0210青湯船ベンチ

ジャグジーもあります。
0210青ジャグジー

宮崎といえば今はキャンプシーズン入りして賑やかだと思いますが
訪れた1月は本当に静かで、かつ福岡と比べるとお日様いっぱいで暖かかったのでびっくりしました。
寒さに弱い人は、冬の宮崎、本当におすすめです。

今回は出張だったのでゆっくりできなかったのですが
次回は湯船の中のベンチに腰掛けて長湯したいですね。

日帰り利用も可能。
16:00 ~ 21:00 大人600円です。
宿泊すると海からのぼる朝日を湯船から見られますね!

青島グランドホテル
http://www.aoshima-gh.co.jp/

九州カラフルNAVIはこちら

じゃらん3月号日帰り温泉特集のこぼれ情報(3)お勧めのトロトロ湯

編集部に回答したアンケートのこぼれ情報第3弾です。

■1
湯川内温泉 かじか荘(鹿児島県)※本誌掲載
http://www.kagoshima-kankou.com/guide/50364/
(鹿児島県観光サイトより)
○アンケート回答
秘湯風情があり、湯船の下のごつごつした岩からお湯が湧き出てくる。
シャワーも源泉だが、石けんが落とせてないと錯覚しそうなヌルヌル。
泉温は38度とかなりぬるいのでばあちゃんたちは2時間くらい長湯している。

坂の下と上の2箇所に別れて温泉があり、より青っぽくみえる下が人気。
しかし泉質はほとんど同じとのことなので、ゆったり入りたい人は上まで歩くといいですよ。
ぬるいので今の時期は寒いかもしれないですね。

■2
紫尾温泉 くすのき荘(鹿児島県)
http://shibionsen.web.fc2.com/shibi_kusunokisou.html
(紫尾温泉組合サイトより)
○アンケート回答
柿の渋さえ抜くというアルカリ泉が有名。
配湯「神の湯」と自家源泉の両方が楽しめてお得な気分。
ヌルヌルで硫黄の香り。
泊まると焼酎割や温泉しゃぶしゃぶも楽しめるから日帰りもいいけど泊まりがおすすめ。
0209くすのき荘

私の大好きな宿の1つ。建物は素朴だけど温泉もよくて、料理も美味しい。
若女将さんをはじめ、お宿の人も親切。
ただ、温泉が大人気すぎて、落ち着いて入れないことが多いのが残念なところ。
宿泊者ならば日帰り客が来る前の朝湯がいい。

■3
林田温泉(杷木) 大楠の湯(福岡県)
※公式HPなし
○アンケート回答
近くの原鶴もかなりのヌルヌルだが、ここは穴場で安いので好き。
小さな露天風呂もあり田園風景が見える。

マイ穴場です(笑)私が行くときはいつもすいてる、つか、ほぼ貸切状態なのでありがたい。
施設は簡素で素朴なんですが、お湯は硫黄の香りがするヌルヌルでお肌もつるつるに。

■4
平山温泉 華の番台(熊本県)
http://hananobandai.com/
○アンケート回答
ヌルヌルの硫黄泉で有名な平山温泉の中でも、
ここは女性ごのみのきれいな施設で安心。食事処やエステもある。
0209華
アジアンテイストでリゾートっぽい。内湯も露天も、複数の湯船があり広々。
女子会におすすめの施設。22時までなので、ドライブの帰りに利用するのもよい。

■5
平山温泉 やまと旅館 (熊本県)
http://www.yamato-ryokan.jp/
○アンケート回答
平山温泉の湯を豆腐作りに活かしている宿。昭和な雰囲気の内湯のほかに、いったん服を着て歩いていく杉林の中の露天がある。こちらは開放感があり、フィトンチッドを感じて癒される。
0209やまと

内湯はケロリンだった気がします。内湯についてる露天もありますが、杉林の露天のほうはぜひ寄ってほしい。本当に素敵です。古民家っぽい素敵な食事処でいただく豆腐料理も、ほんとうに美味しい。

次回は「お勧めの珍しい温泉」です。

九州カラフルNAVIはこちら

じゃらん3月号日帰り温泉特集のこぼれ情報(2)お勧めのにごり湯

発売中のじゃらん2015年3月号「スゴイ日帰り温泉ランキング」のこぼれ情報です♪
編集部のアンケート回答の中から、誌面に取り上げられなかったものも紹介する第2弾です。

1●
筌ノ口温泉 新清館(大分県)※本誌掲載

○アンケート回答
林の中にある広大な黄色に濁る濃い炭酸水素塩泉で、タオルが少し染まります。
保湿成分豊富で、中性、鉄分もあるので、乾燥してかゆいアトピーの私によく効くので大好きな湯です。
0206新清
今日当たり雪が降っただろうから、こんな感じの雪景色が楽しめるかも。
雑誌では薬事法の関係で書けないんだけど、私はここの湯に入ると、手しっしんの痒みが止まるんですよね。シチュエーション、効能共に大好きな湯。
http://www4.ocn.ne.jp/~shinkan/

2●
明礬温泉岡本屋(大分県)

○アンケート回答
青磁色に濁る硫化水素泉には12月からドッジボールのようなザボンが浮き、湯の中でドリブルするのが楽しい!
湯上がりは硫黄にごりらしくさらりとしています。よく温まります。
地獄蒸しプリンも、苦いカラメルソースが濃い卵生地に絶妙で、九州のプリンでは一番大好きです!
0206岡本屋

HPにはザボンが浮いた写真が1枚もないのですが、3月くらいまではザボンが浮くそうです!
公式HPの写真の湯は、結構透明な感じなのですが、私が訪れるときはわりと濁ってましたよ。建物も風情があって、伝統を感じます。
プリンは好き嫌いがあり、苦味がダメという人もいるそうです。
でも私は苦くて香ばしいのが大好きなので、味を変えないでいてくれるのがとても嬉しいです。
http://www.okamotoya.net/index.html

3●
栗野岳温泉 南洲館(鹿児島県)※本誌別項目で掲載

○アンケート回答
泥湯といえるほどグレーの味噌汁のように濁った「竹湯」とさらさらの白い湯の花が舞う「桜湯」と濁り湯の湯めぐりができる。ほかに、天然の噴気を利用したラジウム蒸し湯がある
が、真っ暗で怖い。

ここのお宿の裏には、「地獄」があり、歩道の足元から噴気が出てたりして迫力満点です。
お食事は鶏の丸蒸しがどどーんと出るので、お腹をすかして味わいたいですね!
http://www3.synapse.ne.jp/nanshuhkan/

4●
極楽温泉 極楽温泉 匠の宿(宮崎県)

○アンケート回答
茶色い濁り湯は炭酸泉を加温したものだが毛布をかぶっているように体をすっぽりと隠してしまう。加温前の冷たいままの炭酸泉にも入れて、ぴりぴりとした刺激で泡がつく。濁り湯
と冷たい炭酸泉の交代浴が最高。露天風呂からは水車が見える。

0206極楽

九州カラフルNAVIの囲炉裏特集でも紹介。泊まった場合、囲炉裏つきの個室食事処があるので一人旅でも気兼ねなく囲炉裏焼きが楽しめるのが嬉しい。

5●
赤川温泉 赤川荘(大分県)

○アンケート回答
滝を眺めながら入れる露天濁り湯は源泉温度が27度と低めなので、ガス成分が揮発されず残っている。
ゆえに血行促進によい。内湯は加温しているので温かい。粒子が細かくクリーミー。

0206赤川荘

標高1100mあり、紅葉の名所の露天風呂。飲泉もできて便秘や糖尿病に効くとか。
内湯のクリーミーなこっくりとした湯が大好きです。滝見の湯は日別で男女交代。
http://ameblo.jp/akagawaonsen/

次は「お勧めのトロトロ湯(透明の湯、肌触りのいい温泉)」です。

九州カラフルNAVIはこちら

じゃらん3月号日帰り温泉特集のこぼれ情報(1)泉質もよくお勧めの絶景温泉

ただいま発売中のじゃらん3月号。
実際はテーマごとにもっとたくさんアンケートに答えてました!

誌面には紹介されなかった編集長・高山オススメの湯を紹介していきます!

まずは、
【泉質もよくお勧めの絶景温泉】※貸切を除く

1●
由布院温泉「庄屋の館」(大分県)
http://www.yufuin-shoya.com/

○アンケート回答
泉質が素晴らしい。オパールのように反射する青湯は全国でも希少だとか。
美しさだけでなく保湿成分が豊富で保温性もあり、美肌にとにかくよい湯。
景色は女湯の場合は、露天の奥で由布岳が間近に見えるのも雄大でいい。
0205しょうやのやかた

青湯特集でも紹介の施設です。
ここは、青湯の露天&内湯付きの離れもあるので、
美容にうるさい有名人の方もお忍びでこられるそうですよ。

2●
霧島温泉郷「旅行人山荘」(鹿児島県)※誌面紹介
http://ryokojin.com/
○アンケート回答
晴れれば、桜島まで見通せる高台の露天風呂が素晴らしい。
温泉は2種類をブレンドした源泉掛流しで、硫黄の湯の花が舞う場合もあるが透明だった。かなりの確率で鹿に出会える貸切湯もよい。

桜島遭遇率は、山のせいか少し低め。私は3回いって1回でした。
桜島が見えなくても、開放感が素晴らしいです。右に鹿児島空港が見えて、夕方には離発着のライトもきれい。鹿遭遇率は私の場合は100%です。

3●
白鳥温泉「白鳥温泉上の湯」(宮崎県)
http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=140328150336

○アンケート回答
霧島北麓の高台にあり、遥か彼方まで山々が見渡せる絶景。
PH2.9の酸性でやや褐色。天然噴気の野趣あふれるサウナもある。西郷隆盛も愛した湯。
0205白鳥

0205部屋から

なおここは、九州で一番安い絶景の露天付き客室がある宿だと思います。
こぢんまりとはしていますが、絶景の露天がついた二間ルームがあり、素泊まり設定ではありますが、5000円台だったと思います(値上げしているかもしれません)。
お食事は隣の食事処から出前してもらえます(でも、電話がないので頼みに行くのは自分の脚でいかなくてはなりません)。
湯治風情あふれるサウナはやみつきになります。サウナと温泉と裸のまま移動できないのが少し不便ですけどね。

4●
岳の湯温泉「豊礼の湯」(熊本県)※他の人が誌面紹介していましたが私も挙げていました。
http://houreinoyuyado.com/

○アンケート回答
お湯を入れ替える絶景貸切が有名だが、宿泊棟には男女別の露天がある。
濃いナトリウムでミルキーブルーににごる湯は、やや熱めの温度設定ながら、秋はわいた山の紅葉が素晴らしい。

お湯は本当に熱めなので、寒い時期はかなり苦労します。
何杯もかけ湯して体をならすといいですよ。自炊施設(共同キッチン)に無料蒸し釜があるので、蒸し釜クッキングを楽しむのも楽しいと思います。

5●
指宿温泉「ヘルシーランド露天風呂」(鹿児島県)※誌面紹介
http://www.seika-spc.co.jp/healthy/?page_id=337

○アンケート回答
ものすごく広い露天風呂からは、海の中に開門岳が見えてこれぞ絶景!
泉質も濃い食塩泉で温まるので冬場にいくのがおすすめ。(12月中旬までリニューアル工事中)

リニューアル工事も終わったそうなので、どんな風になってるか楽しみ!
福岡からだとなかなか行くのが大変ですけど「ここまで来た!」という達成感はハンパないです。

次回は
【お勧めのにごり湯】です。お楽しみに~

九州カラフルNAVIはこちら

宮崎県にもいい湯あり!穴場の一軒宿の露天付離れ・高屋温泉(2)

氷が張るほど冷え込んだ翌朝、露天に入ろうとしたら、夜の間お湯をとめていたせいか、露天がすっかり冷えてしまっていました……私のバカー!
新しいお湯をドバドバ出しても、ぬるい~ので道を挟んだ男女別内湯へ(前の晩も入りました)。

朝のお宿の敷地。静かです。
0203敷地内

道をはさんで内湯があります。
0203道をはさんで内湯

中は、かなり穴場というか湯治場の雰囲気もただよいます。立ち寄り入浴は400円です。
0203内湯

平日だったせいか、夜も朝も貸切状態でした。ラッキー♪
食塩泉とのこと、あったまります。

内湯の脱衣所。自販機で牛乳とか売ってます。
0203脱衣所

ロッカーもあります。
0203ロッカー

敷地の奥には食事処もあり、西都エモー牛のステーキ丼などが食べられるそうです!
0203ランチの案内

飲泉ができます。昔から便秘に効くとされているそうですよ。
0203飲泉

持ち帰り案内。
0203飲泉案内

飲泉所の瓦。すごい!歴史を感じます。
0203飲泉の瓦

朝の敷地内。日本庭園がしつらえられています。
0203日本庭園

もうすぐ梅が咲きますね。
0203庭

朝食は広間にて。
0203朝食広間

美しい庭を眺めながら、すがすがしい雰囲気の朝食です。
0203朝食は庭を見ながら

朝食は和朝食です。庭に対峙しながらゆったりといただきます。
0203朝食

食後には珈琲もちゃんと出ます。
0203食後の珈琲

部屋に戻ると、露天がいい温度に復活してました!
0203朝の露天

朝食後の一風呂。あ~幸せです。
0203露天に入りながら

玄関には可愛い古たんすが置いてありました。
0203玄関の可愛いたんす

チェックアウトのときにあった本物の鏡餅。懐かしい。
0203本物の鏡餅

置いてあるお土産は、地元作家の雑貨やお茶など。
0203お土産

帳場の横には囲炉裏を囲んでひといきつける「茶房野の花」が。
ここでお話などうかがいました。囲炉裏がとてもいい感じで落ち着きます。
立ち寄り客でもコーヒー等いただけるそうです。
0203茶房野の花

外観。
0203外観 (2)

通常のチェックアウトは11時なのに、仕事だったので9時には出発しました。
あ~もったいないTT
車がバリバリ凍ってたので、お湯をかけてもらいました。ありがたや。

素敵なお部屋に、素敵な露天。
本当に穴場のお宿でした!
今度はゆったりとのんびり過ごしに来たいですね。

0203外観

高屋温泉HP
http://www.takayaonsen.jp/

九州カラフルNAVIはこちら