宮崎の旅・連載(8)鮎づくしや郷土グルメが味わえる「延岡水郷 鮎やな」12月まで!

1日目の夕食はこれまたお楽しみの「延岡水郷鮎やな」で採れた鮎をいただきました。

清流五ヶ瀬川の鮎は、秋になると河口付近まで下り産卵します。
その子持ちの鮎を狙った「やな漁」で
川幅100mを越える場所に設置されるのは
他ではなかなか見られないスケールだそう。

私たちが訪れたときは
台風が過ぎた後なので片付けられていました。
残念。
(一部再現されていました)
1117鮎やな一部再現

画像だとこんな感じです。
1117観光協会

この鮎やな、今年(2014年)は10月から12月7日までとのことです。

そして、鮎やなの時期には
河原に特設食事処が出ます。
郷土料理が楽しめる「国技館」さんの出店です。
1117外観

そこでお待ちかねの子持ち鮎を(わーい^^)

私たちがいただいたのは「水郷やなセット」。
「背ごし」に始まり、なます、
1117背越しとなます

鮎の塩焼き、みそ焼き、鮎ご飯と続きます。

天然鮎は重さで価格が決まっています。
1117天然鮎表
それにしても300g以上なんて大鮎がいるんですね。
驚きです。

好意でチキン南蛮も出していただきました。
1117チキン南蛮

ビールにあいます!
「めひかり」や「焼きさば寿司」「鮎の冷汁」といった
郷土料理を含んだセットもあります。
1117セットメニュー

背ごし&なます。おいしそうです。

来た~!こんがりおいしそうに焼けた大きな鮎。
1117鮎塩焼き

「延岡発祥 破れまんじゅう」を
差し入れしてくださった虎屋の
上田社長さんに鮎の骨抜き方法を伝授していただきます。
1117上田社長

以下、あまりの美味しさに画像が抜けます(笑)
美味しくて写真撮ってる場合じゃなかったです。
アッツアツでたっぷりつまった卵がたまらない!

差し入れしていただいた「千徳」の日本酒に
とてもよくあいました!

身はオスのほうが美味しいということで
これまた大柄なオスが甘めのみそを塗ったみそ焼きでやってきます。
堪能。

やっと落ち着いて、鮎めし。
ごぼうと鮎がいい感じで合っています。
1117鮎めし

「延岡水郷 鮎やな」へは、
期間中、延岡駅からバスも出ていますので
お酒と鮎のマリアージュを楽しみたい人はそちらを利用するとよさそうですよ♪

延岡観光協会・鮎やな
http://nobekan.jp/ayuyana/

宮崎特集メニューへ

九州カラフルNAVIはこちら