宮崎の旅・連載(16)日南でその他に回ったところ

今回は、日南市内でまわった観光スポットなどを紹介します

■潮嶽神社

http://www.kitago.net/ushiodake/

延岡でおなじみになった「ニニギノミコト」の息子、
海幸彦・山幸彦のうちの海幸彦をまつった神社と説明を受けます。
潮嶽説明

全国で海幸彦を祭ってあるのはここだけだそうで
パワースポットです。
潮嶽かざり

樹齢400年の大木に囲まれ、本殿は200年前に建造されたといいます。
潮嶽

埴輪。埴輪は割れやすく、こんなに大きい埴輪はなかなか作れないそうです。
はにわ

■桜の郷酒造
http://www.obisugi.co.jp/
北郷にある焼酎蔵です。
ここではなんと、焼酎づくりを体験することができます。
「焼酎道場」ここでは仕込み作業を実際にやってみることができるのです。

まずは工程見学。新芋のシーズンでしたのでお芋の香ばしい香りでいっぱいです。
焼酎

焼酎道場かめ
道場の入り口には大きな甕が。中国製だそうです。

中は飫肥杉でウッディな雰囲気。
焼酎道場

すべての焼酎が集合、味わえます♪
試飲コーナー

ここでは6種類の焼酎から自分でブレンドして世界で1本しかない
自分好みの焼酎を造る体験もできるそうです。

大金持ち、という名前の金箔入り焼酎♪
原料も「黄金千貫」金運あがりそう!
大金持ち

甕壷貯蔵で5000個も貯蔵しています。
かめ貯蔵

建物の天井についた黒いものは、焼酎の麹だそうです。
黒いのは麹

■マルマン工場
http://www.e-maruman.co.jp/

マルマンっていわれてもぴんとこないかもしれません。
私も「スケッチブック工場」とある予定表を見て「?」という感じでしたが
訪ねてみて「これもってる!」
愛用の取材ノートを作ってる会社でした。
これが私の引き出しの中にあったノート。
ノート

すごい。ノートのリングってこういう状態だったんですね。
ノートのリング。

ノートの表紙。できあがってから裁断するらしい!目からうろこです。
ノートの表紙

飫肥杉を表紙に使ったノートも。
飫肥杉スケッチブック

工場見学は久しぶりで面白かったです。
残念ながらここでの販売はありませんでした。

■堀川レストランとむら
http://www.tomura.com/

宮崎県で焼肉のたれといったらエバラではなく「戸村」らしい。
それくらいの圧倒的支持を得ている「戸村フーズ」直営レストランがここ。
最終日はここでランチでした。
堀川運河ぞいにあります。
とむら外観

人気のタレはなんと手作りだそうです。宮崎牛~♪
肉

和牛の生産農場も直営しているとのこと、
肉が美味しいです!
焼肉

自慢のタレは、甘い醤油が好きな宮崎好みなのか、わりと甘め。
しかしたしかにこれで味付けすればなんでも美味しくなりそうです。
(りんご、バナナ にんにく しょうがが入っているそう)
戸村たれ
お土産用に小さいのも売ってました。

郷土料理「かにまき汁」も単品で注文できます。

かにまき汁
山太郎がにをつぶして味噌を加えて温めたもの。

私は飫肥でおやつを食べすぎたせいかおなか一杯で、
食べられませんでした^^
食べたかった。。。

宮崎特集メニューへ

九州カラフルNAVIはこちら